スポンサードリンク

2009年10月09日

チョコレートダイエット

甘味の代表格、チョコレート。
そんなものを食べて痩せられるのでしょうか。
しっかりとした理由があります。それはカカオの含有率です。
カカオの含有率70%以上のビターなチョコレートは満腹中枢を刺激させてダイエット効果があります。これは食前に食べます。

チョコレートにはダイエット効果が期待できる3要素があり

・血糖値
・タンニン
・カカオポリフェノール

があげられます。

血糖値は、食前にチョコレートを食べることによって、血糖値を上昇させ、その上昇した血糖値が満腹中枢を刺激します。そうすることで、食欲を抑えることが出来ます。
タンニンは、カカオに含まれています。食物繊維は便秘を予防し、宿便分の体重を減らします。
カカオポリフェノールは甲状腺ホルモンを分泌させ、血流が上昇して、基礎代謝を高めます。結果、消費カロリーが増え、ダイエット効果が期待できます。

食べ方の注意ですが、
@カカオは70%以上のビターもの。ミルクチョコレートはカロリー過剰摂取で逆効果、A一日に50gほどを3回に分けて食べる。B食事の20分前くらいの空腹時に少量をゆっくり食べる。
という3つに気をつけるようにしましょう。

posted by ダイエッティティ at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。