スポンサードリンク

2009年10月07日

低炭水化物ダイエット

ダイエットのメカニズムで、一番簡単なのが脂肪の燃焼でしょう。
余分な脂肪分を燃やして、体重減を測るわけです。
低炭水化物ダイエットは、毎食毎食炭水化物を減らすと、エネルギーの供給源を体脂肪へと切り替えることにより、ダイエットに高い効果を発揮します。

この体脂肪を燃やすという体の営みは、普通に、エネルギーを取り出す活動よりも、多く、カロリー消費をするため、より多くのエネルギーを体から発散することが出来ます。通常言われている、低カロリーダイエットよりも、栄養素を意識した低炭水化物ダイエットは効果があるようです。
実験としては、そのモニターが3日で2kgほど体重を落としていました。
しかし、炭水化物をまったくとならないと、脳が必要とするエネルギー(ブドウ糖)をまったく摂取できないため頭がボーっとしてしまいます。
なのである程度の炭水化物を取ることで、それを解消するのです。

ちなみに、脳が必要とする炭水化物は最低でも一日90グラムといわれます。なので、これを目安に炭水化物を摂取しながらダイエットを続けるのが吉なのです。
posted by ダイエッティティ at 08:00| 低炭水化物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

寒天で簡単ダイエット


寒天は低カロリー食品で、多くのダイエット効果が期待できます。
カロリーの低さだけではなく、食物繊維を豊富に含み、これにより、腸内環境がきれいになり、祝原文の体重を減らすことが可能で、ダイエット効果があります。
また、寒天は食事に含まれる糖を包み込んで、そのまま小腸へ運び、血液中に吸収されにくくさせます。よって、寒天は食前に取るとよいのです。

糖はダイエットの天敵です(もちろん取らなくてはだめですが)。
糖が吸収されにくくなることで、肝臓において、糖を脂肪に変化させる割合も低下します。
されに食物繊維のため満腹中枢が刺激され、満腹が得られます。
相することで食事量と全体のバランスをセーブすることが出来ます。
よって、無理なくダイエットが出来ることでしょう。

最近の研究では寒天が包み込むものは糖だけではないことが分かってきました。
たまったコレステロールを分解したときに作られる胆汁酸というものです。この胆汁酸が寒天によって、包まれて、体外に出れば胆汁酸不足が起きます。そうすることでコレステロールをまた分解します。
そうすると総コレステロール量が低下し、ダイエットにつながります。

これはメタボリックシンドロームを防ぐ要因にもなりえます。

寒天はさまざまなアレンジが利きますのでぜひお試しあれ。
posted by ダイエッティティ at 01:30| 低炭水化物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。