スポンサードリンク

2009年10月05日

カロリーコントロール

ダイエットカロリーコントロールという方法があります。
これは、運動もサプリメントも利用しない、カロリー計算のみのダイエットになります。
カロリーの摂取方法を変えることによって、減量するという作戦なのです。


しかしながら、間違ったカロリーコントロールを続けてしまうとダイエットどころか、体調不良のリスクが高まります。
摂取カロリーは消費する量より、減らさなければなりませんが、必要な栄養素まで削ってしまうことが多々あるのです。

りんごや、こんにゃくを使ったダイエットが流行しました。こういった単品のみでのダイエットは、バランスのよい食事が取れず健康を害する恐れがあります。

では間違っていない方法とはどんなものでしょうか。
その一例を挙げさせていただきます。

まず、自分に合った目標体重を設定します。
BMIという体格指数を使います。これによって導き出された標準体重を参考にするとよいとされています。
BMIとは,体重(kg)を身長(m)で2回割った数値です。
目標体重の目安は、BMI=22の体重がダイエット。

また,カロリーコントロールのダイエットには,パンよりご飯を食べるのが良いといわれています。
posted by ダイエッティティ at 20:08| カロリーコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳ツボダイエット

東洋医学の神秘、耳つぼダイエット。

耳ツボダイエットをご存知だろうか。
ダイエットといえば摂取するカロリーや栄養素を考え、適切な運動を施していけば、やせていくものです。
ですが、より効果的にするためにツボを押してあげるとよいのです。
いつでも押せる耳ツボダイエットが効果的です。

食べ物を食べるとき、ゆっくり噛んで食べることにより、満腹中枢が刺激されドカぐいの可能性は減ります。しかしストレスで狂った食欲中枢が正しく働かなければ栄養の取りすぎを招き、太ってしまいます。このストレスを耳ツボを指圧することである程度、緩和してあげることが可能なのです。

ダイエットリピーターなら何度も聞いたであろう方法でしょう。
ですが、このダイエット方法があまり知られていないので、実践する人が案外少ないです。

実践している人は、数キロは、体重を減らす事が出来ています。
だから、耳つぼダイエットの知識を啓発します。

耳という器官には、ツボが集約しています。古来中国では耳針両方なるものがあり、これから耳ツボを刺激したダイエットは紀元前から存在します。紀元前からダイエットは行われていたのですね。
耳は耳、という一つの器官ではなく、全身の臓器と密接な関係があり、ツボの経路はすべて耳を通るということが分かっています。

耳を刺激してあげることにより、全身の経路がが巣ブー図に動き、食欲中枢が正しく動いて、ダイエットが進む、という結果を得ます。
posted by ダイエッティティ at 01:22| ダイエット 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

豆乳クッキーダイエット

食事の代替品としてヒルズダイエットのパステルゼリーという商品がありましたが、豆乳 クッキー を食べるだけ、というダイエットも存在します。やはり、食事をこのクッキーに置き換えるだけなので、簡単です。
豆乳クッキーの一食あたりのカロリーは146kcalと低く、たとえば、コンビニ弁当が800kcalとして、置き換えれば500kcalほどの差分が得られ増す。

この豆乳クッキーのとても満腹感が得られます。
その秘密はおからにあります。おからは水を含むとかさが2倍、重さが3倍にまで増えます。なので、少量口にするだけで十分な満足感を得られるのです。これでダイエット特有のストレスを感じることは無いでしょう。
そのうえ、食物繊維そのものですので、便秘にも効果があるでしょう。豆乳という健康食品が、大豆イソフラボンが、体調もお肌も健康的にしてくれます。栄養価の高さも売りなのです。

豆乳が苦手という方もいらっしゃるかと思いますが、味もホテルのシェフがチェックしており、安心です。

忠実に実行すれば、体重も健康的に落ちるでしょう。
効果も見られて、健康的になれれば、ダイエットも続きますよね。
posted by ダイエッティティ at 08:00| 豆乳クッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。